yajirusi
90 91 92 93 94 95 97 98
103 104 105 106 107 108 110 102
aki kentou rinen moku kihon shain part ennai accessmap taiken toiawase

保 育 理 念

一人ひとりと向き合い、その子らしく健やかな心と体を育んでいく

えほんのもり白金台保育園の入園のしおりには、冒頭に文部科学省が昭和26年のこどもの日に制定した「児童憲章」を引用している。
わが国の憲法の精神を踏まえた同憲章の内容を十分に理解したうえで保育に携わることが当園の保育の根底にあることを示すためである。
この内容を体現するため、「一人ひとりと向き合い、その子らしく健やかな心と体を育んでいく」という保育理念を掲げた。
具体的には、一人ひとりの子供は、発達過程、成長スピード、性格等すべて異なるものであり、これらの個性や多様性を尊重した保育を実施することである。
そのうえで保護者の皆さんが安心して任せられる保育環境を提供したい。
保育理念を達成するための保育方針をまとめると以下の通りである。

保 育 方 針

■保護者に安心してもらえる保育環境の提供
■一人ひとりの個性に応じた多様性のある保育
■子供の発達要求に応答する教育

保 育 ビ ジ ョ ン

すべての保護者が入園させたいと思う保育園に

えほんのもり白金台保育園は、これまで述べた保育理念の達成、 保育方針や目標の実現を通じて、
◎子どもの笑顔がたえない保育園
◎地域に認められ選ばれる保育園
◎職員が子どもとともに輝いている保育園

 を目指している。
指向する保育園像に到達したときは、自ずと上記ビジョンも達成されると考えており、この目標とする姿に近づくため、保護者の意見に常日頃から十分耳を傾けるとともに、職員は、施設長の指導の下、互いに連携を取り合いつつも、園をより良くするためのアイデアや提言するなど主体的に行動し、かつ各自研鑽に励むよう努めていきたい。